【AGA治療の効果とは?】AGAクリニックの治療費用から副作用まで

AGA(Androgenetic Alopecia/男性型脱毛症)はオンライン診察で治療できます。

男性型脱毛症(以下AGA)は、今やオンライン診察で治療が可能な時代となりました。 今までのAGA治療は、都市部の大きな駅前の雑居ビルに入っている、AGAクリニックなどでの治療が一般的でした。 ところが、近年ではオンラインで自宅にいながらAGA治療ができるようになりました。 オンライン診察で、通院のわずらわしさから解放され時間を有効的に使えるようになり、忙しいサラリーマンや、学生ユーザーさんが急増しているようです。 ここではAGA治療で、事前に知っておきたい主な5つの情報を知っていただくことができます。 AGAについて詳しく知りたい方はこちら

【AGA治療の効果とは?】AGAクリニックの治療費用から副作用まで

【AGA治療の効果とは?】AGAクリニックの治療費用から副作用まで

 

AGAとは

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。
一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

AGA治療の選択肢について

AGAクリニックへの通院

AGA治療にはいくつかの方法があります。
最も代表的な治療手段は、AGAクリニックへの通院です。
ですが多くのAGAクリニックは、都市部の主要駅周辺に集中しており、日々忙しいサラリーマンや、学生さんの貴重な時間を取られるのは悩ましい問題です。
そこで登場したのが、オンラインで診察が可能なAGAクリニックです!!
今なら無料相談実施中!【AGAヘアクリニック】

その他の治療方法

他の治療方法は、育毛剤、発毛剤(ミノキシジルなど)と言われる外用薬の使用や、サプリメント(プロテイン、亜鉛など)の服用があげられます。
サプリメントは、AGAクリニックの受診と比べて気軽に始めやすいメリットがありますが、近年はAGA治療の医療用医薬品にもジェネリック医薬品が登場し、以前より安い費用で治療が可能となり、より身近な治療手段となりました

AGA治療にかかる費用について

AGAクリニックへの通院費用

AGA治療を継続する上では、費用が高いことは大きなマイナスポイントを言えます。
AGA治療は自由診療(保険適応外)であるため、クリニックによってかかる費用には大きな幅があり、一般的に薬剤費用は、月間7,000円〜15,000円程度と言われており、さらに診察料や交通費なども考慮しなければいけません。(薬剤費の幅は、ジェネリック医薬品は低価格で、最新の治療薬では高価格となります。)
費用だけを考えると、AGAクリニックへの通院は決して安い治療手段とは言えないかもしれませんが、ジェネリック医薬品やオンライン診察の登場で、以前と比べてAGAクリニックでの治療が身近な存在となりました。
今なら無料相談実施中!【AGAヘアクリニック】

育毛剤、発毛剤、サプリメントの費用

育毛剤、発毛剤、サプリメントなどは6,000円〜15,000円/本程度で購入ができ、ドラッグストアやネットショップでも気軽に入手できます。
1本で1〜2か月程度の使用ができますので、事前に使用期間もチェックしたいですね。
→育毛剤、発毛剤はこちら【AGA治療の効果とは?】AGAクリニックの治療費用から副作用まで
→AGAサプリメントはこちら【AGA治療の効果とは?】AGAクリニックの治療費用から副作用まで

AGA治療薬の効果について

AGAクリニックへの通院(医療用医薬品の服用)での効果

大きく3つの治療分野にわかれ、頭皮環境を整える治療 、抜け毛を抑制する治療 、発毛を促す治療があります。
効果発現までの期間には、個人差がありますが3〜6か月程度で発毛の兆候が期待できます。
通院では何といっても、医師のサポートを受けることが精神的な支えとなり、万が一の副作用時にも適切な対応が期待できます。
今なら無料相談実施中!【AGAヘアクリニック】

育毛剤、発毛剤、サプリメントの効果

AGAの主な原因は、一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが考えられています。
育毛剤、発毛剤、サプリメント単体でも一定の効果は期待できますが、直接的な治療ではないので補助的な役割と考えましょう。
→育毛剤、発毛剤はこちら
→AGAサプリメントはこちら【AGA治療の効果とは?】AGAクリニックの治療費用から副作用まで

AGA治療薬(医療用医薬品)の主な種類について

プロペシア(5α−還元酵素U型阻害薬)

世界60カ国以上で処方されておりジェネリック医薬品もあります。もともと前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬として開発されましたが、その後の研究によって発毛効果があることがわかり、 AGAの治療薬として販売されることになりました。服用者の98%で効果が実感できる信頼性の高い治療薬です。

 

ザガーロ(5α還元酵素 1 型/ 2 型阻害薬)

ザガーロ(デュタステリド)の成分は前立腺肥大に適応があり、その後、男性型脱毛症(AGA)にも効能があることが分かり、日本国内でもAGA新薬としての処方が可能になりました。
0.5mgの投与でプロペシアと比較して統計学的に優越性が認められており、高い効果が期待できます。

ミノキシジル(壮年性脱毛症における発毛剤)

血管拡張作用により高血圧の治療に用いられてきました。その際、副作用のなかに発毛が見られたことから、その副作用を主作用として改良されました。
個別で使用するよりも、プロペシアやザガーロと併用することで、さらに高い効果が期待できる外用剤。
毛成長のメカニズムについては、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と説明されているが、詳細は未だ分かっていない。
リアップX5、スカルプDなど。
→育毛剤、発毛剤はこちら【AGA治療の効果とは?】AGAクリニックの治療費用から副作用まで

AGA治療薬(医療用医薬品)の副作用について

プロペシア(5α−還元酵素U型阻害薬)

48週間の二重盲検比較試験において、安全性評価対象276例中11例(4.0%)に14件の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が認められた。主な症状はリビドー減退 3 例(1.1%)、勃起機能不全 2 例(0.7%)等であった。

 

ザガーロ(5α還元酵素 1 型/ 2 型阻害薬)

第U/V相国際共同試験において、本剤が投与された総症例557例(日本人120例を含む)中、95例(17.1%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。その主なものは、勃起不全24例(4.3%)、リビドー減退22例(3.9%)、精液量減少 7 例(1.3%)であった。

 

ミノキシジル(壮年性脱毛症における発毛剤)

副作用発現率は8.82%。頭皮のかゆみ、低血圧など。
ミノキシジルの使用中は脱毛を止められるが、使用をやめると再び脱毛が起こり始める。

 

AGA治療のまとめ

【AGA治療の効果とは?】AGAクリニックの治療費用から副作用まで
ここまで、AGA治療の選択肢、費用、効果、種類、副作用など5つのポイントについて説明してきました。
どの治療方法を選ぶかは、個々のライフスタイルや好みでわかれると思います。
ですが、オンライン診療が可能となった今、一番おすすめしたい治療方法はAGAオンライン診療です。
AGAクリニックでは、医師の診察によって、最も適切な医療用医薬品が処方されますし、万が一副作用がでた場合も、医師に相談して対処することができます。

  価格帯 治療方法 効 果 安全性 コスト 手軽さ 安心感
7〜15千円 オンライン診療対応のAGAヘアクリニック【AGA治療の効果とは?】AGAクリニックの治療費用から副作用まで
7〜15千円+交通費 AGAクリニックに通院【AGA治療の効果とは?】AGAクリニックの治療費用から副作用まで
6〜15千円

育毛剤、発毛剤で治療

この記事が、みなさまのAGA治療の参考になれば幸いです。
(AGAクリニックリンク)
 


page top